雨天時の走行と折りたたみ自転車

雨天時の自転車走行に有効な対策

雨天時の自転車走行 自転車にとって、特にスポーツサイクルにとって雨は大敵です。体が冷えないように、また、自転車走行が安全にできるように、事前に対策を整えておきましょう。
まず、雨の対策として必ず入手しておきたいのがレインスーツです。雨で服が濡れたまま自転車で走るのは、体を冷やしやすい状態です。ずぶ濡れの状態では服が肌に張り付いて走行しにくい事もありますから、パフォーマンスを保つ為にレインスーツは必ず入手しておきましょう。
また、意外と重要なのがライトです。雨天時は晴天時よりも見通しが悪く、車やバイクから視認しにくい状態になります。この為、後方にライトを取り付けてドライバーやライダーから視認しやすくして、事故を予防する措置が必要です。
ライトは自分では十分と思っていても、他人から見ると暗くて目立たない事が多いものです。十分な明るさのあるライトを利用して、ドライバーやライダーから存在を確認してもらいやすくしましょう。
この他、忘れがちなのが小物や体各部の防水です。例えば、財布や携帯電話等、濡れると困るものを入れて置けるケースを用意しておきましょう。専用のケースなら省スペースで嵩張りませんが、料理用の食品保存用袋でも代用できます。
靴を濡らしたくない方は、シューズカバーを入手しておくのもおすすめです。手が濡れたり冷えたりするとハンドル操作が鈍りますので、防水グローブで防水・保温すると良いでしょう。

折りたたみタイプの自転車を使えば輪行が可能

自転車を使って遠出をするという言葉には二つの意味があります。まず、自宅から目的地まですべて自転車で走破をするというものです。
そしてもう一つが、自宅から目的地まで合間で電車などで移動して、目的地に着いてから自転車に乗るというものです。
後者のスタイルは輪行と呼ばれるものです。自転車を電車に乗せることが可能なのかというと、最近のものはタイヤなどのパーツをばらせるものがあり、また、車体を小さく出来る折りたたみタイプのものもあるので、そういったものを使えば十分可能です。
では、どのように電車に載せるのかというと、当然、車体がむき出しの状態でそのまま載せるということはありません。パーツをばらせるタイプのものも、折りたたみタイプのものも、袋に入れて持ち運びます。一般的に袋は肩から提げられるようになっています。
輪行のメリットは、自宅から目的地までずっと走れるほどの体力はないという人でも、旅先で走ることを楽しめることです。

Valuable information

デリヘル 大阪
http://www.evo-one.net/

2017/4/27 更新