自転車を選ぶポイント

自転車の運送に便利なアイテム

運送に便利なアイテム ツーリングスポットまで距離が遠すぎる場合は、電車やバス、自動車等で自転車を運搬して運ぶ事になります。この時、運搬方法は様々にありますが、運送時にあると便利なアイテムを入手しておくと助かるものです。
例えば、運送用のバッグを入手すると電車やバスの利用時に助かります。単純に運ぶのが楽になったり、自転車を保護しやすくなったりするだけでなく、電車やバスの会社が利用方法として指定している事もあるものです。こうした電車はバスを利用する時は、持ち込みにバッグが必須になります。電車やバスを利用する前に、必ずバッグを用意しておきましょう。
また、自動車で運送する際は、自転車をしっかり固定できるようにしましょう。ただし、どんなにしっかり固定しても振動や衝撃等で固定が緩んでいないか不安になるものです。特に、屋根の上に固定した場合は目で見て確認がしにくいので、チェックがおろそかになりがちです。
そこで便利なのが、屋根の様子を確認できる小型のミラーになります。ミラーを使って自転車の様子をチェックできれば安心して運転できますし、万が一固定が緩んでいても早期発見ができます。
自力で運ぶ以外にも、運送会社の専用プランで現地まで送る事もできます。この場合は、ダンボール等に梱包して運んでもらう形ですから、一時的に手放す事になります。
手ぶらで現地まで行けますので、気軽なツーリングが楽しめるでしょう。

一般的な自転車の選び方

自転車には、多くの種類があります。その中で、一般的な自転車(いわゆるママチャリ)の選び方は、以下のとおりです。
「サイズを決定する」。サイズの選び方は、タイヤを基準にします。男性なら27インチ、女性なら26インチが平均的なサイズです。ただし、これはあくまで目安なので、自分に合っているかということを優先してください。
「ハンドルを決定する」。ハンドルには、「アップハンドル」「カマキリハンドル」「オールラウンダーハンドル」の3種類があります。アップハンドルは、「上体を起こした体勢で乗れる」「ゆっくり走っても、ふらつきにくい」という特徴があるので、子供を乗せる時や買い物に行く時などに適しています。
カマキリハンドルは、アップハンドルがより高くなった物で、関西で人気のあるタイプです。オールラウンダーハンドルは、力を入れやすく、坂道も上りやすいので、通勤や通学用に適しています。
どれが上ということはないので、今までと同じ物を選んでも問題ありません。

pickup

池袋でメンズエステを体験
http://aroma-sunset.com/

2016/7/28 更新